綾野剛の中国映画「破陣子」主演の起用理由は?役柄や見どころも調査!

こんにちは、hanaです。

俳優の綾野剛さん、快挙です!

日本人としては初めて中国映画に主演することになりました。

日中合作の映画ではない現地の映画に、綾野剛さんが主役として抜擢されたのは、どんな理由からなのでしょう。

今回は、

  • 綾野剛の中国映画「破陣子」主演の起用理由は?
  • 役柄や見どころ

について書いていきます。

スポンサーリンク

綾野剛の中国映画「破陣子」主演の起用理由

綾野剛映画「破陣子」主演への期待度

俳優の綾野剛さんが主演することになった映画「破陣子」は、現地の映画制作会社JOYWAYが手がける作品。

JOYWAYは「中国で知名度は高く、多数の優秀な作品を携え、高い評価と高い興行実績を残してきた舞台製作会社」です。

このJOYWAYの創始者であり「破陣子」のチーフプロデューサーでもある孫恒海氏は、中国演劇界のドンとも言われる人物らしいのです。

そんな大物チーフプロデューサーの目に留まっていきなり主役に抜擢ですから、綾野剛さんの俳優としての実力は海外にも十分通用するほどのものだと言うことがわかりますね。

また、最近の中国映画界は盛況なようで、市場規模はなんと約9580億円(日本の4倍相当)もあるそうなんです。

主演映画「破陣子」での綾野剛さんの活躍が中国でどれほどの期待を背負っているのかが、この数字からも読み取れますよね!

綾野剛映画「破陣子」主演抜擢の理由

ところで今回、映画「破陣子」の主役に綾野剛さんが大抜擢された理由は何なのでしょうか。

綾野剛さんはこれまで中国人の監督のもとで

  • 「新宿スワン」(園子温監督)
  • 「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)
  • 「怒り」(李相日監督)

などの幅広い役柄を演じた経験があります。

其の他、ドラマやCM でも綾野剛さんを見ない日は無いのでは、と言うくらいの露出度ですよね。

そしてここ最近では、数々の主演男優賞も受賞しています。

  • 2016年「日本で一番悪い奴ら」日本アカデミー賞 優秀主演男優賞
  • 2014年「そこのみにて光輝く」「白ゆき姫殺人事件」 キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞
  • 2014年「そこのみにて光輝く」 毎日映画コンクール 男優主演賞
  • 2016年「リップヴァンウィンクルの花嫁」「64ーロクヨンー」「怒り」報知映画賞 助演男優賞

あらためて見ると本当に沢山の賞を受賞していたんですね!

まさに実力派俳優ですよね。

そんな綾野剛さんの実力は「中国でも認められている」といいます。

映画「破陣子」の監督と脚本を担当した董天翼(ドン・ティエンイー)氏は、綾野剛さんを大抜擢した理由として以下のように述べています。

「綾野剛さんの作品を見ると毎回人間が変わっているように見える。彼の演技は真実味があり変化に富んでいる、紛れもなく我々が求めていた役者でした」

また同氏は、綾野剛さんが目で表現する演技力に惹かれたとも述べています。

確かに綾野剛さんは、その時その時の役柄によってキャラクターを見事に演じ分けていますし、目力もかなりのものがあると思います。

それだけに共演者からは、

  • 「トリッキーで陰のある役から爽やかな役、繊細な青年役まで」こなせる。
  • 「憑依型」
  • 「硬軟自在なカメレオン型俳優」

などの定評があるほどなんです。

中国の監督は、綾野剛さんのこうした性質を本当によく見抜いたと思います。

きっと素晴らしい映画になること間違いなしですね。

スポンサーリンク

映画「破陣子」の役柄や見どころ

綾野剛さんの映画「破陣子」での役は、平安時代に異国の地で悲しい恋に落ちる日本人の貴族と言う設定です。

「壇ノ浦の戦い(1185年)で海に飛び込み、潮の流れに乗り南宋国境内の「白虎蕩」と言う村の対岸に辿り着いたところを地元村民に救助され、「平安(ピン・アン)」と言う名を与えられた日本の貴族の一人。」

この綾野剛さん扮する「平安(ピン・アン)」と言う名の青年が「やがて南宋の女性と恋におち、悲恋の物語が展開されて」いきます。

  • 中国の人気同名の舞台を映画化したもの
  • 中国の時代劇でありながら「今の現実社会の問題をあらわにしていく」壮大な物語り
  • セリフは中国語

といった難しい課題をクリアーしながら役作りをしていかねばならない綾野剛さん。

12月10日にいよいよクランクインだそうです。

体に気をつけて是非とも良い作品を作ってきて欲しいものですね!

終わりに

日本人初の中国映画初主演をすることになった俳優の綾野剛さん。

今回は、

  • 綾野剛の中国映画「破陣子」主演の起用理由は?
  • 役柄や見どころ

について書いてきました。

映画監督の董天翼(ドン・ティエンイー)氏は、綾野剛さんが目で表現できる実力派俳優であることを見事に見抜いて主役に抜擢しました。

中国の時代劇を中国語で演じるというプレッシャーに負けず、綾野剛さんにはクランクアップでまで頑張って欲しいものです。

最後までお読みくださり有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です