ベストヒット歌謡祭2018番組観覧や応募方法は?当選倍率も調査!

 

こんにちは、hanaです!

今年もこの時期がやってきました。

ベストヒット歌謡祭2018年の出演者が発表になりましたね。

出演者一覧にお目当てのアーティストは見つかりましたか?

お目当てのアーティストだけでなく、ほかの色々なアーティストのパフォーマンスも楽しめてしまうのが音楽番組の観覧の醍醐味ですよね!

そしていよいよ観覧応募も始まったようです。

ぜひこの機会に観覧に応募して、会場で平成最後のベストヒット歌謡祭を楽しんでしまいましょう!

そこで今回は、

  • ベストヒット歌謡祭2018日程や出演者
  • ベストヒット歌謡祭2018観覧募集の日程と応募方法
  • ベストヒット歌謡祭2018観覧の当選倍率

に付いて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ベストヒット歌謡祭2018日程と出演者

昨年のベストヒット歌謡祭(2017年)では50回目の放送とあって、中森明菜から恋ダンスまで50年間の名曲集が見どころになっていましたね。

2018年は、出演者一覧をみると、今年度放送のドラマの主題歌を歌っているアーティストや、馴染みのグループが多数登場する予定です。

また、アーティストの他にも今年ブレイクした人物も見れるかもしれませんよ。

今から本当に始まるのが楽しみですね。

番組情報

『ベストヒット歌謡祭2018』第51回

11月15日(木)19:00〜21:00(2時間生放送)

会場:大阪城ホール

司会:宮根誠司、橋本マナミ

ベストヒット歌謡祭ホームページはこちら

出演者全アーティスト

あいみょん、絢香、E-girls、家入レオ、AKB48、EXILE、NMB48、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、欅坂46、コブクロ、GENERATIONS from EXILE TRIBE、DA PUMP、Toshi、西野カナ、NEWS、乃木坂46、平井堅、三浦大知、ゆず

ベストヒット歌謡祭2018観覧募集の日程と応募方法

募集人数と応募期間

募集人数:約8000名

第1次観覧募集:2018年11月1日(木)5:00〜11月4日(日)23:59

第2次観覧募集:2018年11月9日(金)5:00〜11月11日(日)23:59

応募方法

今回の観覧の募集は、電子チケットが導入された為スマートフォンからの応募のみとなっています。

以前はハガキでの応募も受け付けていたみたいですが、チケットの高額転売防止の目的で応募方法が変わったようです。

  • 会場には電子チケットが入ったスマホを携帯することが必須
  • 応募は1人1回2枚までの申し込み(同行者もスマホの携帯が必要
  • 申し込み時には必ず本人のスマホから、自身の電話番号を登録することが必要
  • 当選者以外の入場は出来ない

ベストヒット歌謡祭ホームページはこちら

当落の確認

当落のお知らせは、順次メールにて送信されます。

ローソンチケットのマイページから確認も出来ますので、メールだけでは不安な方は是非チェックしてみてくださいね。

尚、チケットの受け取りにはローチケアプリをダウンロードすることが必須です。

忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

ベストヒット歌謡祭2018観覧の当選倍率

ベストヒット歌謡祭の会場は、例年大阪城ホール、フェスティバルホール、神戸ワールド記念ホールの3箇所をローテーションして使用しています。

今年度は、5年に一度回ってくる大阪城ホールの年となります!

ベストヒット歌謡祭の観覧を希望している方には、これはかなり朗報ですよ。というのも大阪城ホールは昨年のフェスティバルホールよりもキャパが断然大きいからなんです。

では、どれくらいの違いがあるのかここで比較してみましょう。

昨年までの大阪フェスティバルホールは募集人数が2700人だったのに対して、今回の大阪城ホールは8000人の観覧席を設けるようです。

開催される会場のキャパによって当然、当選倍率は変わってきますが、例年の応募数や応募枠から考えてみると、

今年は例年より当選倍率は下がってくれそうな気がします。

そうは言っても、ベストヒット歌謡祭はとってもレアな関西初の音楽番組です。

なかなか当選しにくいということを念頭において、応募にチャレンジしてみましょう!

終わりに

今回は、毎年関西で行われるベストヒット歌謡祭の

  • ベストヒット歌謡祭2018年の日程と出演者
  • ベストヒット歌謡祭2018年の観覧募集の日程と応募方法
  • ベストヒット歌謡祭2018年の観覧の当選倍率

について調査しました。

関西初の年末の貴重な歌番組とあって、お茶の間でみるも良し、生で観覧するも良しですよね、

とはいえやっぱり会場で見たいって方は、先ずはスマホで観覧を申し込んで、ドキドキしながら当落を待ってみましょう。

最後までお読みくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です