双子の子育ての新生児・乳幼児期はどう大変?私とママの対処法まとめ

こんにちは、hanaです。

双子の育児ってほんとーーーにたいへんですよね!

かく言う私も双子育児経験者です。

我が家の双子はもう成人していますが、育児中の出来事は昨日の事のように記憶しています。

ところで育児の「大変」さって、双子の成長に応じて質も内容も変化して来ます。

その中でも最も大変だった時期は?と聞かれれば、大半の双子育児を経験したママたちは即、新生児期そして乳児期だと答えるのではないでしょうか。

でもまだ双子の子育てが始まったばかりのママからすると、こんな声も聞こえて来そうですよね。

『確かに、今どうしようもなく大変だけど、これって私だけではなくてどの双子ママも同じなの?』

とか、「もっとラクに効率よく育てる方法はないの?」などなど。

そこで、この記事では

  • 双子の赤ちゃん新生児・乳児期の子育てについての大変な事
  • 私とママ友の対処法

について書いていこうと思っています。

双子の子育てを経験した私だけの意見というわけではなくて、自分の周りにいる双子育児経験者の友人から話を聞いたり、双子ママ掲示板などに書いてあった悩みやその対処法についても書きましたのでご参考になさって下さい。

スポンサーリンク

新生児・乳児期の大変なこと①睡眠時間が取れない

出産と言う大仕事が終わったらいよいよ双子が我が家にやって来ます!

そして、慣れない2人分のお風呂、授乳とおむつ替えが始まりますよね。

特に新生児期の間は

  • 赤ちゃんたちの首が座っていない(沐浴、授乳に気を使う)
  • ママが赤ちゃんの扱いに慣れていない
  • 授乳は赤ちゃんの吸う力が弱く、一回に飲む量が少なくすぐまたお腹が空いて泣くー結果的に授乳の間隔が短く、頻回
  • オシッコを頻繁にするー結果的におむつ替えの頻度が高い

などの特徴があるので、双子の場合となると、ママの労働時間も必然的に2倍以上となってしまいます。

そして、お風呂、授乳、おむつ替えときたら、次は双子を首尾よく寝かしつける作業が待ってます。

双子がまとまった時間寝てくれないと、ママも休む暇がとれないので大変です。

私も双子の寝かしつけには特に必死だった記憶があります。

他にもママは家事や洗濯もこなさなくてはならない訳で、その結果、昼夜を問わず次から次へと流れ作業のように仕事に追われていきます。

他の人はどうなのかな?と思い、双子ママの掲示板を見たのですが、

「忙しくて寝る暇が無くて鬱になりそう」

「睡眠時間が1日2時間で疲れました。」

などの声が多数あり、やっぱりこの時期が最も大変なのだなと改めて実感しました。

自分の時間が無いのは仕方がないとしても、まとまった睡眠時間が取れない日が何日も続くのですから、それは気分も落ち込んでもきますよね。

スポンサーリンク

「睡眠時間がとれない」への対処法

双子ママが睡眠時間を確保して、体力と気力を回復する事は、赤ちゃんたちにも好影響をもたらします。

赤ちゃんはどんなに小さくてもママから多大な影響を受けているんです。

ギリギリまで頑張って身体を壊す前に、育児の効率化をはかって睡眠時間を捻出していきましょう。

ここで、私の経験や友人の双子ママなどから聞いた対処法の中から、実際に試してみてかなり効果があったものをあげてみますね。

  1. 2人同時に授乳する
  2. 夜中の授乳は、たまにはミルクだけにする
  3. 双子の授乳、おむつ替え、睡眠のリズムを揃えて管理してしまう
  4. 寝かしつけは、抱っことバウンサーを併用する

です。

それでは、実際に効果のあった方法4つをそれぞれ解説して行きます。

2人同時に授乳する

私も病院でふたり同時に授乳する方法を教わり、早速試してみた経験があります。

私の場合は、ソファーに座って双子を両脇に抱えて授乳するフットボール抱きという方法でしたが、赤ちゃん達の首が座っていないうちは、慣れるまで夫や母の助けを必要としていました。

でも次第に母子ともに上達して、最終的にかなりの時間が短縮されました。

母乳のみで行う場合や、母乳とミルクの組み合わせでも応用可能なのでぜひ試して見て下さい。

知り合いの双子ママに聞いたところ、みんな、二人の赤ちゃんと自分の体勢を授乳スタイルに応じてアレンジして、色々試行錯誤で行なっているようです。

赤ちゃん達の月齢が上がってくると、ミルクの授乳の場合には、赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持って飲んでくれるようにもなるので同時授乳がさらに楽になりますよね。

夜中の授乳は、たまにはミルクだけにする

あまりにもママの寝不足状態が続いてしまい体力の限界を感じたら、たまには夜間の授乳を誰かに丸投げしてしまいませんか。

母乳哺育あるいは混合で赤ちゃんを育てていると、必ず夜中の授乳に起きなければなりませんよね。

週末一回だけでもミルクだけの時間を作って、夜中の授乳をパパやお母さんにお願いしてみるのも一つです。

夜中が難しいならば、日中一回分の授乳だけでも誰かに代わってもらえば、睡眠時間を確保できますね。

双子の授乳、オムツ替え、睡眠のリズムを揃えて管理してしまう

この方法は意外とたくさんの双子ママが行なっているようです。

赤ちゃん達のそれぞれの要求に合わせていたら、それこそ身が持たなくなりますものね。

徐々にでいいので、おっぱいの時間はママの都合に合わせて、ふたり同時に揃えてあげるようにするとグッと効率が上がります。

そして授乳が終わったら必ずオムツ替え、その後、寝るというリズムを赤ちゃんに体で覚えてもらうようにすると、時間に余裕ができてママの睡眠時間も確保できるようになります。

我が家の場合、双子は未熟児で生まれてNICUに一ヶ月も入院してたので家に帰って来た時にはすっかり規則正しいリズムが出来上がっていました。

ですのでこのリズムを利用して育児が続けられたのは本当にラッキーな事だったと思います。

寝かせつけは、抱っことバウンサーを併用する

夜中の授乳の際、お仕事の関係上必ずしもパパの協力を得られるとは限りませんよね。

そんな時は、ふたごのうちのどちらかをバウンサーに乗っけて、もう一人を抱っこで寝かしつける裏技を使います。

双子ママ友に聞いたところ、彼女も電動のバウンサーを使って寝かしつけを工夫していたそうです。

もちろん私もこの電動バウンサーにはすっかりお世話になりました。

なぜだか赤ちゃんはこのバウンサーの揺れが大好きみたいです!

スポンサーリンク

新生児・乳児期の大変なこと②家事をする時間が無い

これまで見て来たように新生児期や乳児期の初期は、授乳、オムツ替え、寝かしつけ、沐浴などの一連の赤ちゃんの世話の連続で、ママが日常の家事をする時間は、皆無なのが現状でしょう。

その反面、家族が一気に二人も増えた訳ですから洗濯、食器洗いなどの仕事量は必然的に増加しているはずです。

こんな時、なんでも自分一人で頑張ってしまう責任感の強い双子ママは要注意です。

双子ママの掲示板を読むと、

「クタクタになった体に鞭打って全てを一人で完璧にやろうとして体を壊してしまいました」

「疲れから母乳が出なくなってしまった」

「ストレスが溜まって赤ちゃんや周りの人に当たってしまいました」

などの話も耳にしました。

こんな状況にならないようにここでも対処法を考えて行きましょう。

「家事をする時間が無い」への対処法

赤ちゃんの世話をする時と同じく、昼間の家事についてもできる範囲でいいので、誰かの手を積極的に利用してママの負担を軽くしてあげる事が肝心です。

身内の人たちが夜間の授乳に協力してもらっていてみんなもうグロッキーです、という場合は思い切ってプロに家事を頼んでしまうこともありです。

私が双子を育てていた時は、家政婦紹介所から子育て経験の豊富なベテラン主婦の方に来てもらって掃除、洗濯、買い物などをお願いしていました。

プロに家事を任せるという観点から見ると

  1. 家事代行サービス
  2. 家政婦紹介所
  3. 産後ヘルパー
  4. 家事も頼めるベビーシッター

などが挙げられます。

とは言え、プロに頼むとコストがかかるのが心配ですよね。

確かに毎日お願いするとかなりの高額になってしまうので、週1〜2日だけにして溜まった仕事を一気に片付けてもらうなど、臨機応変に利用するだけでもかなり助かると思います。

また、自治体によっては独自の自治体支援制度を設けてあるところもあります。

今住んでいる地域の自治体が双子育児になんらかの支援をしているかどうかを確認して見ると良いでしょう。

スポンサーリンク

終わりに

双子の子育て中のママにとっては、赤ちゃん達が生まれてすぐの新生児期・乳幼児期が子育て史上、ナンバーワン大変な時期。

睡眠時間を何とか少しでも多く確保して、体力や気力を温存して行きたいですね。

今回この記事でご紹介したように、たくさんの双子ママが実践している子育ての工夫を取り入れて見たり、積極的に周囲の人たちの手を借りるなどして行く事が、新生児期・乳児期の双子をスムーズに育てる鍵となりそうです。

皆さんも是非、自分に合った子育て法を試して、双子の子育を少しでもラクにしていけるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です