紅白2018の韓国枠を調査!BTSに続きTWICEも出場見送りか?

こんにちは、hanaです!

今年も残りわずかとなりました。

紅白の出場者の発表をそろそろ控えたこの時期に、韓国の人気アイドルグループBTSの紅白出場見送りの報道がありましたね。

そして、それに続いて今、韓国のガールズグループTWICEの出場までも危ぶまれています。

今回は、

  • BTSの紅白出場の見送りの経緯は?
  • 過去の紅白の韓国枠はどうだったのか?
  • TWICEの2018年紅白出場はあるのか?

について書いていきます。

スポンサーリンク

BTSの紅白出場の見送りの経緯は?

韓国内ではもちろんのこと、今や世界中で絶大な人気のあるボーイズグループBTS。

2018年11月のミュージック ステーション出演が急遽見送りとなって以来、年内に予定されていた音楽番組への出演も次々とキャンセルとなりました。

そして、ついに紅白までも。

NHKがBTS紅白出場見送りを決定するまでの経緯には紆余曲折があったようですね。

どんな経緯があったのか、順に見ていきましょう。

 

  1. 2018年11月に発売予定のBTSのシングル(日本版)の中に収録予定の、秋元康氏作詞の楽曲「bird」が韓国ファンの反対で、収録中止になる。(秋元氏が右翼判定される
  2. 10月30日に、韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償金支払いを命じた「徴用工判決」をきっかけに、NHK局内で韓国アーティスト出場の慎重論が出る
  3. 11月に入ってすぐ、BTSのメンバーのひとりジミンの着用していた「原爆Tシャツ」を巡ってSNS上で炎上が起こる。
  4. 11月9日のBTSのMステ出演見送り以降、紅白を含めた年内全ての音楽番組へのBTSの出演の見送りが発表される。

BTSの「第69回NHK紅白歌合戦」出場は、秋元康氏とBTSとのコラボが中止になった時点ですでに「ほぼアウト(レコード会社関係者)」だったと言われていたようですね。

https://twitter.com/V_B4tsM/status/1042731367027564544
その後「徴用工判決」が言い渡されて、従軍慰安婦問題でギクシャクしていた日韓関係がさらに冷え込んできましたね。

この間、NHKもそんな世論を踏まえつつ、韓国枠にどのグループを入れるか頭を悩ませていたのではないでしょうか。

そして、BTSの紅白出場見送りの決定打となったのが、ジミンの「原爆万歳Tシャツ」着用問題ですよね!

「原爆万歳Tシャツ」問題で全ての民放から締め出されたBTSを、NHKだけが紅白に出場させる訳にはいかないですよね。

こうしてBTSの「第69回紅白歌合戦」の出場がなくなってしまったんです。

NHKは国民から受信料を徴収しているという立場上、今回のように反日的とも取られかねない行動をとっているアーティストを出場させるのは難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

過去の紅白の韓国枠はどうだったか?

そもそもNHKの紅白の韓国枠がなぜ設けられているのかというと、表向きは恐らく、韓国でも多くの人が日本の紅白を楽しみにしているという理由があるからでしょう。

ですが、NHKの本音としてはもっと大事な理由があるようなんです。

「紅白歌合戦」には視聴率を取れるアーティストを出場させるのが何よりも優先事項。

アンチがどれだけ騒ごうと韓国アーティストは数字を持っていますからね。

(テレビ雑誌編集者)

K-POPのグループを出場させて、視聴率をアップさせたいNHKの思惑とは裏腹に、度々出てくるのが日韓の政治的な問題です。

過去にも今回のBTSの事例のように、日本の紅白から韓国アーティストが締め出された時期があったんです。

  1. 2011年 「東方神起」「少女時代」「KARA」などの人気グループが出場し、高視聴率を記録。
  2. 2012年、韓国の李明博大統領が島根県の竹島(韓国名 独島)に上陸し、日韓関係が悪化。2012年〜2016年までの5年間は韓国枠は0
  3. 2017年に韓国ガールズグループTWICEが6年ぶりに出場を果たし、37.4%の高視聴率を記録した。

2012年に竹島を巡って日韓関係が急速に冷え込んで、5年間もの間、紅白の韓国枠が不在だったとは。

こうして歴史をみるとエンターテイメントと政治が複雑に絡み合っている状況が度々あったのですね。

TWICEの2018年紅白出場はあるのか?

TWICEは昨年6月にデビューしたばかりだが、CMや音楽番組などで瞬く間に日本のお茶の間の人気アイドルグループに成長。

音楽関係者によると、

「人気、実績ともに十分で数字(視聴率)も見込める。韓流というだけでBTSの問題にも関係ない。

落選となると残念だ。」

と言われています。

実際、TWICEが、今回のBTS問題のとばっちりを受けて紅白出場不可となってしまうのかどうかは、残念ながらNHKの正式な発表を待たねばなりません。

ただ、BTSの問題は、今や日本国内に止まらず、世界的な広がりを見せてしまっているようです。

これ以上騒動が広がってしまえば、2012年の当時のように、韓国アーティストが紅白から締め出されてしまうこともあるかもしれません。

そしてTWICEの紅白出場もなくなってしまう事態にもなりかねません。

最終的にどのような結果になるのか、ここはまずは見守るしかないですね。

追記

先日、2018年紅白出場者の発表がありました。

BTSは落選。TWICEは選ばれるという結果になりました。

BTSのTシャツ騒動は、TWICEに影響が及ぶことは無かったようですね。

終わりに

BTS(防弾少年団)のメンバーのジミン着用の原爆Tシャツは、BTSのみならずTWICEの紅白出場にまで影響を及ぼしてしまいそうですね。

そうなってくるとやはり悲しいのはKーPOPのファンですし、また一般の人にとってもエンターテイメントと政治があまりにも密接だと、純粋に音楽を楽しめなくなってしまいます。

なんとか良い方向で事態が収束してくれることを望みます。

今回は、

  • BTSの紅白出場の見送りの経緯は?
  • 過去の紅白の韓国枠はどうだったのか?
  • TWICEの2018年紅白出場はあるのか?

について書いてきました。

最後までお読み下さりありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です